スピ的な不思議体験

【お盆特別企画】実際に体験した不思議な怖い(?)話

ろうそく
櫻井
櫻井
今日は、お盆!という事で私や家族が実際今まで体験した怖い(?)話をしていきます☆
龍神くん
龍神くん
そ、そんなに怖い話なのか?(ブルブル)
櫻井
櫻井
いや、私は幽霊はっきり見えないからね。どっちかというと、不思議な話に入るかな。あんまり怖くないと思うよ。
龍神くん
龍神くん
(ホッ)それは良かった!!
櫻井
櫻井
(神様なのに怖がりなのね…)ちょっと怖がりさんでも大丈夫なので、安心して読んでくださいね♪

私の経験した不思議体験

私は幽霊と波長が合いにくいのか、ぼんやり塊のような物が見える、感じる程度ではっきりと血まみれの人を見たとか、軍隊さんがとか、武士が見える…という経験はありません。ただ、実家が神社の隣であったからか通り道だったようで、不思議な体験は実家で多く体験しています。

今回は、お盆ということで私が体験した不思議体験をお話していきます。

12時ジャストにスイッチが入るおもちゃ

これはTwitterでもお話したものですが、小学校の頃くらいに夜中に目が覚めてぼんやり時計を見たら12時数分前でした。

寝ぼけながら「あー、もうすぐ12時だな」とぼんりと時計を見ていたら12時きっかりに秒針が合わさった瞬間に、別部屋の押し入れにしまってあったおもちゃが大音量で起動し始めて、めちゃくちゃびっくりしました。

大音量で心臓が縮みあがった上に12時という時間…恐ろしくて、でもそのままにしておくのも怖くて、寝ていた父親にスイッチを切ってもらいました。

おもちゃが誤作動を起こすのはよくありますが、そのおもちゃ、赤ちゃんの頃使ってたものでずっと使ってない&誤作動を起こしたことはないものでした。しかも、電池は切れててそのまましまい込んでた…と母は言うのです。

何故あのタイミングであの時間にスイッチが入ったのか…そして何故数分前に目が覚めたのか…今でも謎です。

ジャンプするぬいぐるみ

これは、中学校から帰宅したら母が興奮気味に話してくれた話だったので良く覚えています。

母が洗濯物を干そうとして私たちの二段ベットの横を横切った時に、妹の布団の上にあったぬいぐるみが勢いよく飛び出して、母の身長を超える高さまでジャンプして目の前にポトリ…と落ちたそうです。

母はビックリし過ぎてその場で固まってしまって暫く動けなかったようですが、その時に家には母しかおらず、またぬいぐるみがそんな高くジャンプすることは不可能だったので、イタズラに来たのかもしれませんね。この世のものでない人が。

夜中に動きだす携帯ゲーム

昔は流行ったテトリスのような携帯ゲームですが、私が小学生の頃に我が家にもあり、妹は特に夢中になって枕元にそのゲームを置いて寝る前に日課のように遊んでいました。

夜中に、『チュイン…ピッピッ』という音がして目が覚めて「あ、妹がひっそり隠れてゲームをしてる?だったら注意しないと」と二段ベットの下(私が上で妹が下でした)をのぞいたら、妹は爆睡。ベットの中でぼんやりとその携帯ゲームが光っているだけでした。

びっくりして、そのまま即座に寝たふりをしましたがその間もゲームは『チッチッチッ…ピコーン、チュインチュイン』と左右に動かして確かに遊んでいるような音を出しているのです。誤作動でスイッチが入ってしまっで誰も触っていないなら、すぐにゲームオーバーになるはずなのに。

しばらく接戦(?)が続いた後、ゲームオーバーになった音が聞こえてそのままゲームはシン…と静かになりました。翌日、家族の誰に聞いても「知らない」と言われました。ゲームに興味を持った誰かさんが来たのか…私にとってはちょっとした恐怖体験でした。

ひっそりと最後のお別れに来てくれた曽祖父

私の曽祖父が亡くなったのは中学二年生の頃で、この話は49日がまだ済んでなかった頃だと思います。

我が家は先程話したように神社が真横なのでポルターガイスト(食器が急に落ちる、ラップ音)は日常茶飯事なのであまり気にしないのですが、その日は違いました。

夜中に、玄関の鍵が『カチャ』と鳴ったので目が覚めました。家族はぐっすり眠っているようで他に何の音もせず、ただ静寂と時計の秒針のカチカチという音しか聞こえませんでした。

暫くしてから、パタパタと歩くような音、そしてテーブルの上に合った書類のような紙をペラペラとめくるような音が聞こえました。怖いので目を瞑って布団の中に隠れていましたが、普段なら怖いだけなのですが、怖さの中に「あ、ひいじいちゃんな気がする」と頭の片隅によぎったのをよく覚えています。

そしてそのまま眠ってしまったので、朝になって「夢?」と思ったのですがテーブルの上に置いてあった私のレポートがめくられたまま放置されていました。「誰も触ってない」というので、あれは夢ではなかった、そして私の勘が正しければひいおじいちゃんが最後の挨拶にきた、と考えています。

まとめ

龍神くん
龍神くん
へー、怖いってより不思議な話だな。
櫻井
櫻井
いや、当事者の私は最中では怖かったんだけどね…。ただ、世の中にある「怖い話」と比べるとインパクトはないのは確かだね。 
龍神くん
龍神くん
目の前に血だらけの女の顔がぁぁぁぁぁ…とかはないんだな(笑)
櫻井
櫻井
ないよ(笑)そういうか方々とは波長を合わせないように注意してるし。目が合わないように、見ないように、気配を感じたらそうしてるしね。
龍神くん
龍神くん
なるほど、みえても何もできないって普段から言ってるしな。
櫻井
櫻井
そう、お祓いとか話が聞けるとかでなければそういう人と関わるのはNGだと私は思ってるから。あと、この時期肝試しに行くのもやめた方がいいと思う。
龍神くん
龍神くん
肝試し…多いだろうな。面白半分にやる人。
櫻井
櫻井
あれはさ、誰かが言ってたけど『その人の住処に土足で踏み込んで騒ぎまくってる』だけなんだよね。実際に誰かの家にズカズカ入り込んでワーワー騒いだら、生身の人間だってそりゃ怒るよね。祟りとか事故とか起こっても、それは自分が招いただけだよね…。後悔しても遅いし。
龍神くん
龍神くん
そうだよな、わざわざ面白半分に怒らせて厄を貰いに行ってて、人間ってアホだなと思ってみてるよ…(遠い目)
櫻井
櫻井
他の霊能者様も言ってますが、面白半分の肝試しはやめましょう! 自己責任で行くなら止めませんが、この世には説明のつかない事情はたくさんあります。だからこそ、この世の人間とあの世の人間との秩序とマナーは守って欲しいと思います。
龍神くん
龍神くん
そうだね、一時の娯楽でやるには重すぎる。色んな意味でね…。
ABOUT ME
櫻井 実羽
霊感霊視×エンパス占い師、櫻井実羽のブログです。 お気持ちに特化した鑑定をしており、鑑定では霊感霊視、テレパス(遠隔のエンパス能力)、オラクルカードやタロットカード、ダウジング、西洋占星術などでの鑑定をしています。