HSP

【コミュニケーション免疫不全】人間関係が上手くいかない人はHSPかも?

寄り添うウサギカップル
櫻井
櫻井
今日は、体験談も交えて人間関係についてのお話をしていきます。
龍神くん
龍神くん
櫻井って、集団生活に入ってからずっと人間関係に悩んでるよね。学校でも浮いてたし、職場も人間関係拗らせて長くても2年でやめてるし、トラブル続き…。
櫻井
櫻井
ほ、本当のことだけど改めて言われるとヘコむな…。そうなんです、本当に人間関係の構築が下手でしたが自分の気質を知って、ようやく希望の光が見えてきたところです。人間関係に悩んでる人が、少しでも希望を見出せるようにお話していきます。
龍神くん
龍神くん
小学校からずっと「変人」扱いされてきた櫻井のお墨付きだよ!
櫻井
櫻井
変人って言うなぁぁぁ!!

私はずっと「変人」扱いされてきた

物心ついた時から、大人しい、ちょっと変わってると言われ続けてきました。だからと言って、問題児であるというわけでもなく、何か突飛な行動をとるでもなくどちらかというと模範的な行動をしてきた幼少時代だと思います。

親の言う事をよく聞き、困らせることもなく、反抗期もない。親に言わせると「優等生」だったそうです。

ただ、友人からいつも「変人」扱いされてきました。人と考えが違う、感じてることも違うことが多いので自分では普通にしているつもりでも、「変わってるね」と言われることがデフォルトの学生時代でした。

社会人になってもそれは変わらず、何故か人とズレを感じることが多くて「この人笑顔だけど私のこと嫌いだな」とか「この人怒鳴るけど根本に悪意はないみたいだな」といったことを自然に分析するようになっていました。また、集団生活をするのも非常に苦痛で家に帰るとぐったりしてました。

誰にも話したりしなかったものの、その分析に基づいて行動をしていたので自然と他人と「ズレ」が生じてしまって中々人間関係も上手く立ち回ることができず、数年で勤め先を転々とするような社会人生活を送っていました。

HSPの本との出会い

「変人だよね」
「考え方が変わってる」
「ちょっとズレてる、変わった子」

そう言われ続けてきた私は、自分で自分のことを「変わっている、変な人」として認識して開き直って 生活を送っていました。 それと同時に、なかなか仕事が続かない、周りと上手く調和がとれないことに苛立ちと自分への情けなさで生きづらいと感じ、自己肯定感はどんどん低くなったのを覚えています。

そんな中で、HSPの一冊の本に出合いました。パラパラっと立ち読みをした時、視界がクリアになるのと同時に「これだ!!」全ての物事が一つに繋がるような、そんな感覚を覚えました。

HSPとは何か

HSPとは?と良く知らない人に説明させて頂くと、

HSPとは、 アメリカの心理学者であるエレイン・N・アーロン氏が提唱した概念で、「Highly Sensitive Person」の略、 「人一倍敏感な人」という意味です。

「感覚や人の気持ちにとても敏感で、ちょっとしたことにも気づく、気遣いに長けている」と同時に、「強い刺激に圧倒されたり、多くの人の中にいると、すぐに疲れてしまったりする」という特徴もあります。

アーロン氏によれば、人口の2割くらいに見られるといいます。

HSPは、子ども時代からそのような傾向が見られることから、アーロン氏はさらにHSC(Highly Sensitive Child)という概念も提唱しています。

また、知っておいていただきたいのは、HSPは発達障がいと誤解されやすいことです。
HSPは感覚が敏感なために(周囲の物音をうるさく感じる。味覚、嗅覚が鋭い。肌触りに敏感でチクチクしたものが苦手など)、発達障がいの「知覚過敏」と一見似ているようです。

実際、私自身も周りの人との違和感のため、「自分は発達障がいなのではないか」と思っていました。

しかしHSPと発達障がいは異なるといわれます。
最も大きな違いは、発達障がいの子どもは人の気持ちを酌むのが苦手なことが多いのに対して、HSPは、むしろ人の気持ちに気づきすぎるほど気づく点といわれます。

参考記事:Ichimannendo-Life 2017.05.04 5人に1人の敏感タイプ=HSPとは?「何となく生きづらい」と悩んでいる人へ(1)

という人のことを指します。

また同時にHSPのテストもあり、それもやってみたのですがほぼ当てはまるという結果に茫然としたと同時に長年の悩み殻の解決のきっかけを得た気持ちでした。

異常なほど人混みも苦手、すぐ疲れる、想像力が豊か…など当てはまるものが多くて、長年の憑き物が落ちたような心境になったのを覚えています。

HSPテストが気になる人は、以下のページでやってみて下さい。

HSPは「気質」として捉える

「自分がHSPかもしれない」と気づいてからは、色々と調べまくって自分は本当にHSPなのかという確証を得ようと必死でした。他のHSPさんも同じような行動をされている人も多いようですので、真面目故に「きちんとした確証が欲しい」とさ迷ってしまう人が多いようです。

さ迷って、検索して、あれこれと迷走した結果だから言えることですが、

確証を得ようとしても無駄

であるという結論に達しました。

当てはまる項目が多い、といっても診断テストによっては当てはまらない部分ももちろんあります。当てはまらないからHSPじゃない、というのではありません。あくまで「気質」なので同じ部分も違う部分もある、病気とは違うので答えを得ることはできない。自分はこういう気質があるんだな、と認めて気を付けることで自分の悩みも徐々にですが和らいでいきました。

一時期は迷走したものの、「自分を受け入れる」という気持ちに切り替えるまで時間はかかりましたが、HSPに出会い、そして自分を認めることが出来るようになれた出来事です。

私の場合の人間関係の考察

私自身の話にはなりますが、私は人と関わるのが怖いと感じる人間です。表面上だけなら問題ないのですが、深く繋がってしまいそうになると怖くて自分から逃げ出しちゃうこともあり、基本的に人間関係が気薄なタイプです。

そんな人間がHSPを知り、自分の気質を改善すべくSNSを始め、縁に縁が繋がりTwitterでたくさんの占い師さんやカウンセラーさんとお話する機会ができ、色々なお話をすることができています。雑談や軽口を叩くこともあり、こんな風に会話をすることが出来ることに驚くいています。ただ、まだちょっと気持ちがネガティブになると逃げ腰になってしまったりといった悪い癖も出てしまいがちではありますが…。

私の場合ですが、エンパスもありますのでどうしても近くなると相手の感情やら考えてること、体調やコンディションがシンクロしやすくなって、入ってきてしまいます。普段はガードしてても、ふとした時にブワッと入ってきてしまうこともあります。

でも、本当に怖いのはそういう「相手の感情が入ってくること」ではなく、

一度繋がった縁が切れてしまうこと

なんです。

普通なら、連絡が疎遠になったり途絶えたりしたら「縁がなかったんだ、必要でなくなったんだ」とプラスに考えればいいと思うのですが、それができないのです…。悲しくて数日苦しむのがデフォルトなので、その苦しみが嫌でわざと距離をとってしまいます。上手く割り切れないのだと思います。

白か黒でなくてグレーでもいいやん!って言われるのは重々承知ではありますが、どっちかに舵を切ろうとしてしまうので、自分の不器用さに辟易としてしまいます…。これは友人でも恋人でもそうなので、人間関係全般でこういった考え方が拭えない結果です。

泡のように、シャボン玉のように弾けて消えてしまう、あの寂しさや儚さに胸が締め付けられてしまう。数ヶ月前まで話してたのに、今はもういない。ありえないと分かっていても、確固たるものを探してしまって、それ以外は不安が日によって大きくなってしまうから、距離を置いてしまう。

自分で選択の範囲や可能性を狭めている、と分かっているのに、勝手に不安になって、耐えられなくなって、苦しくて自分から逃げ出してしまう。これが、私のコミュニケーションを上手く取れない原因だと分かっています。そして、それを克服する必要があるということも。

原因を追求するところまではようやく出来たので、あとは少しずつ「怖い」と感じることもチャレンジしていこうと思います。生きてるうちはチャレンジの連続、失敗しても死なない、失敗から学んでいけば人間的に成長のチャンス、そう信じてみようと。

私も、元々はとてもネガティブな人間です。でも、様々な人に出会い、鑑定を受けて下さる方に勇気をもらい、同業者の人から励まして貰ったりして、ポジティブに考えられることもようやく少しずつ増えました。

人との出会いとは縁とは不思議なものです。数ヶ月前では、人間嫌い!怖い!と拒絶モードだった人間もここまで変われる。人は人の心を動かしたり溶かしたりすることが出来るのだな、としみじみ感じました。

まとめ

龍神くん
龍神くん
まぁ、人間関係で苦労してきた、生きづらかったって気持ちは良く伝わったよ。
櫻井
櫻井
まだまだ私も改善しました!って段階ではないけど、知識を持って「どうすればいいのか」が分かるだけでも楽になったよ。HSPに固執する必要はないど、「こういう気質もあるよ」って捉えてくれると嬉しいです。
龍神くん
龍神くん
それで少しでも生きやすくなればオールオッケーだしね。
櫻井
櫻井
そうそう、少しでも生きやすくなれば結論は出なくてもそれでいいのだ!

 

人間関係が上手くいかない人まとめ
  • 人間関係が上手くいかない人はHSPを疑ってみる
  • 自分がHSPであっても確証を得ようとしない
  • 自分の気質を認めて受け入れる
ABOUT ME
櫻井 実羽
霊感霊視×エンパス占い師、櫻井実羽のブログです。 お気持ちに特化した鑑定をしており、鑑定では霊感霊視、テレパス(遠隔のエンパス能力)、オラクルカードやタロットカード、ダウジング、西洋占星術などでの鑑定をしています。